業者選びに役に立つリフォーム業に関連した業者をご紹介します。

リフォームコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年12月18日 [FAQ]

水回りのリフォームで気を付けなければいけない点は?

家を新築してから約15年が経ち、キッチンとトイレと浴室のリフォームを考えているのですが、水回りのリフォームをするときに気を付けなければいけないことがあれば、教えて欲しいです。
これまでよりもワンランク上の商品を選びたいと思っていて、工事費もかなり高くなることが予想されますので、絶対に失敗したくないので、細かい部分まで詳しくご指導いただけるとありがたいです。


広さや床に配慮する必要があります。


まずキッチンに関する注意点としては、そのときの流行りに惑わされないことが大事です。
キッチンには対面式、I型、アイランドなど、いくつかのタイプがありますが、10年単位で長く使用するキッチンは、それぞれの家庭に合ったものをチョイスしましょう。
アイランドキッチンだと、かなりのスペースも必要になりますので、無理をすれば料理がしにくくなってしまいます。
使いやすいさとお部屋の大きさも考えて、まずはベストなタイプや大きさを選択しましょう。
特に広めのキッチンだと、料理をするときに移動をする回数も多くなりますので、床は滑りにくい素材を選択することも大切なポイントです。
また、キッチンの床には水や油などが飛散りやすいので、お手入れのしやすさも考えなければいけません。
次に浴室も関してですが、一日の疲れをとる場所でもありますので、ゆったりとくつろげる空間を考えて、広さや商材を選択しましょう。
ユニットバスの場合は、思っているよりもスペースを広くとれるケースが多いので、施工業者ともしっかり相談することが大事です。
また、浴室は家の中でも最も事故が起きやすい場所でもありますので、キッチンよりもさらに床には気を付けなければいけません。
現在では、滑りにくい床材も多くのメーカーで開発されていますし、浴槽の大きさも重視しましょう。
トイレをリフォームする場合は広さに注意して、狭すぎるトイレはおすすめできません。
特に高齢のご家族がいる場合は、介護が必要になることも想定して、スムーズに出入りができて、便器のサイズにもしっかり配慮する必要があります。
トイレの入口の段差をなくすことも大事なポイントで、ドアよりも引き戸にした方が、狭い空間でも広く活用することができます。
水回りのリフォームでも、広さや間取りを変更が必要になることもありますが、そうなると費用も高額になりますので、事前にきちんと予算を決めて、できる範囲でベストな選択をしてください。

PageTop