業者選びに役に立つリフォーム業に関連した業者をご紹介します。

リフォームコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年09月18日 [FAQ]

マンションのリノベーションはどこまで可能?

田舎から東京に家族で出て来てから、来年でちょうど5年になります。
いろいろあって、田舎で勤めていた会社を辞めて、一人娘がいて小学校に入ったばかりだったので、転校させるのは可愛そうだと思いましたが、妻は看護師をしていたので再就職するにも東京の方が仕事はたくさんあるし、田舎よりも収入は高くなるし、私も田舎ではろくな仕事しか見つけることができなったので、現状を考えても思い切って行動に移して本当に良かったです。
娘も転校してきたばかりの頃は、標準語が上手く話せなくてかなり悩んでいたみたいですが、すぐに友達もできて、言葉の問題もすぐに解決できて、勉強も頑張った甲斐もあって、有名大学の付属中学にも合格できて、こっちに来て大正解だったと喜んでくれています。
田舎には東京のような高層マンションがなく、マイホームを持つというと必然的に一軒家を購入する選択肢しかありませんでしたが、お陰様で経済的にもかなり余裕が出てきたので、夢のマイホームを持とうと考えていろいろ悩んだ末に、中古マンションを購入してそこをリノベーションすることにしました。
もちろん、一軒家も最初に考えましたが、都会の一軒家は空き巣や泥棒や今流行りのアポ電強盗など、いろいろな事件に巻き込まれる可能性が高く、その点セキュリティ性が高いタワーマンションだと、そのような心配はほとんどないことが分かり、それに田舎に比べると新築のマンションだと、いくら余裕があるといっても信じられないほどの値段がするので、予算内で希望を叶えられる中古マンションのリノベーションを選択した次第です。
そこで質問なのですが、マンションをリノベーションする場合の共用範囲はどこまでで、リノベーションとリフォームの違いもはっきり理解していなので、分かりやすく教えてください。


回答

基本的に専用スペースであれば変更可能です。


リフォームとは、修復工事の意味合いで使用される言葉で、もともとの機能を最新のものに造り替えたり交換したりすることです。
それに対してリノベーションとは、老朽化した建物の大規模改修することで、間取りやキッチンやお風呂場の位置まで丸々変えてしまうような工事のことです。
マンションのリノベーションは、例外を除けば専用スペースであれば好きなように変更可能ですが、外部から見えるサッシ窓や玄関ドアなどの変更は、禁止されるケースがほとんどです。

PageTop