業者選びに役に立つリフォーム業に関連した業者をご紹介します。

リフォームコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年07月18日 [FAQ]

リフォームでユニットバスにするメリットは何ですか?

私の家は親から譲り受けたもの築年数はかなり古くなっており、あちこちの設備の老朽化が進んでいるのですが、特にお風呂が古くなっていることが気になっていて、いっそのことリフォームをしようかと検討しているところです。
そこで、浴室のリフォームについて調べてみると、ユニットバスの人気が高いことを知ったのですが、ユニットバスがどういうものなのか具体的に理解していないため、ユニットバスについて詳しく教えてください。

回答

既成品で工期が短くコストがかからないのがメリット


ユニットバスとはシステムバスとも呼ばれていて、こちらは浴室を構成しているそれぞれの部材を工場で製造してから現場で組み立てるという方式となっていて、一般家庭においても導入されていることが多いです。
マンションのイメージが強いためにトイレとバスが一緒になっているものをユニットバスと考えるケースもあるのですが、実際のところは、壁や天井、床と一体になっているもののことをユニットバスといいます。
そのため、洗面台と一体になっているものもあれば、トイレと一体になっているものもあって、戸建住宅やマンション、ホテルなどさまざまな場所で取り入れられている人気の高いタイプとなっているのです。
ユニットバスのメリットとしては防水性に優れていて、つなぎ目部分が生じないようなつくりとなっているために水漏れの心配がほとんどないことであり、隙間がないために断熱性能も向上しやすいというメリットもあって冬場でも寒くなりにくいです。
また、すべてを工場で一度に製造するために品質や仕上がりについては差が出にくいのもメリットとなっており、工場でつくられたものを現場に運んで組み立てるだけでよいため、スピーディーに工事を進めることができ、コストもかからず価格を安く抑えられます。
注意点としては、ユニットバスは基本的に規格品となっているため、デザインやサイズについては自由度がなく、場所に合わせて形を変えるというわけにもいかない点で、浴室の形が特殊な場合には設置できるタイプが限られてしまうことがあります。
このような特徴がユニットバスにあることを理解して、自分の目的にユニットバスが適しているかどうかをよく考えてみるとよいでしょう。
とにかく工期や価格を抑えたいと考えていて、浴室にそれほどこだわりがないのであれば、ユニットバスは魅力的なプランとなり、気軽に浴室を新しい状態にしていくことができて、快適にお風呂を使えるようになるでしょう。

PageTop