業者選びに役に立つリフォーム業に関連した業者をご紹介します。

リフォームコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月12日 [FAQ]

リフォーム会社に増改築を依頼するメリットはなんですか?

今の住まいを建てたときには想定していなかったことなのですが、子供の数が増えたため手狭になってしまい、もっと広い家が欲しいと思うようになり、この問題を解決するための方法として増改築に注目しています。
そこで、リフォームとして増改築を行うことには一体どのようなメリットがあるのか、参考にしたいので教えてください。

回答

コストをあまりかけずに住まいを広くできます


まず、家を増築するのは、建て替えたり別の住まいに引越したりするのと比較するとコストがあまりかからない方法のため、費用の負担を抑えることができるのが最大のメリットであり、あまりお金をかけることができないという人におすすめです。
また、増築の場合は現在の住まいをそのまま維持して、新しいスペースを増やすための工事をすることになるため、わざわざ仮住まいを準備する必要はなく、今の生活を維持したままの状態で工事を進めてもらえる点もメリットといえます。
増築といってもさまざまな規模のものがあるのですが、たとえば子供が増えたから新しく子供部屋を作りたいという場合には、一部屋子供部屋を増やすだけの工事で良いため、それほど時間もお金もかからず、気軽に工事を依頼できるでしょう。
都市部に住んでいる場合は法律の問題によって建て替えたとしても今よりも狭い住まいになってしまうケースがあるのですが、増築の場合は法律の影響をあまり受けないため、比較的自由に行うことができます。
基本的に現在の住まいに納得している人にとっては、間取りを変更するためにわざわざ建物を建て替えたり引越したりするのはデメリットのほうが大きいのですが、増築の場合は既存の住まいに新しい間取りを増やすことになり、希望がはっきりしていれば失敗するリスクがほとんどないリフォームです。
ただし、増築をする際にはいくつか注意点があり、まず既存の部分と増築した部分とで一体感がなくなってしまうことがあり、新しくできた部分に対して違和感を覚えてしまうことがあり、できるだけ一体感をもたせるような工事をしてもらうことが大切です。
また、外壁については既存のものとまったく同じにするのは難しいケースが多いため、どうしても増築した部分だけ浮いてしまうケースもあるのですが、これは外壁のデザインや材質を工夫してもらい、できるだけ違和感が出ないようにしてもらいましょう。
増築は自由にできるわけではなく、建ぺい率や容積率を超えてしまっては違法となってしまうため、土地が狭い場合には希望通りの増築ができない可能性もあるため、事前に調べてもらいましょう。

PageTop