業者選びに役に立つリフォーム業に関連した業者をご紹介します。

リフォームコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月09日 [FAQ]

リフォーム業者に騙さないために気を付けることは?

家のリフォームを行うのに、信頼できる業者を探しています。
もちろん工事費は安いにこしたことはありませんが、絶対に悪徳業者にだけは騙されたくなくて、保証やアフターもしっかりしていて、テレビやラジオでCMを流しているような会社であれば安心だと考えています。
リフォーム業者を選ぶ時に気を付けなければいけないことがあれば、ご指導よろしくお願いします。


回答

実績と経営状況を必ず確認しましょう。


誰でも名前を聞いたことがある大手リフォーム会社であれば、悪徳業者でないことは明らかですが、テレビやラジオに出演していたり、CMを流しているだけで優良企業だと思うことは危険です。
地方のラジオ局などでは、数万円で番組のコーナーを持つこともCMを流すこともきますし、ラジオよりもテレビは地方局でも費用はかかりますが、特別に厳しい審査などもありませんので、それだけで信用してはいけません。
保証やアフターの面でも、どんなに長期に渡る保証を謳っていても、10年以上生き残れる会社は数%しかないのが現実で、実に9割を大幅に超える確率で10年以内に会社は倒産しています。
10年保証が付いていても、会社がなくなれば保証もアフターもなくなりますので、依頼する前に会社の実績と経営状況を必ず確認して、経営が安定していて、すでに10年以上の実績があるなら、ある程度安心してリフォーム工事を任せることができます。
リフォーム費用を安くしたくて、完全自社施工の文字に騙される方も多いようですが、工務店ならともかく、リフォーム会社で完全自社施工ができる会社はほとんどありません。
完全自社施工を行うには、スタッフの中に職人がいなければいけませんので、そこを確認すればそれが本当かどうかを簡単に知ることができます。
もしも職人がいたとしても、忙しくなると下請け業者に任せなければ仕事が回らなくなりますので、職人の数やどの程度仕事の数をこなしているのかを確認して、真実を確かめましょう。
特に悪徳業者の場合は、自社社員として職人を1人も雇用していない上に、建築士の資格を持つ人間もいない場合がほとんどなので、訪問営業された場合などは、その点を突っ込んで確認してみるといいでしょう。
地域ナンバーワンなどを謳っている業者も、何がナンバーワンか明確にできない場合は、信頼しないで他の業者を当たった方がいいでしょう。

PageTop